クレジットカード現金化の換金率の違い

現金化 換金率
クレジットカード現金化には、業者によって換金率が変わります。換金率とは、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を現金化した時に、業者への手数料を引いて自分の手元に入ってくる金額のことです。その換金率は業者によって、もしくは現金の金額によって異なります。

80パーセントを切る業者はほとんどありません。大体は最低金額でも80パーセントを超える金額のところばかりです。80パーセントは多いのか少ないのか?というと、人それぞれの判断基準が違うためどちらともいえませんが、この料率でサービスが成り立っているようなら、それは多くの人が受け入れている料率といえるでしょう。

また、すべての金額が80パーセントという訳ではもちろんありません。20万円、30万円、100万円と金額が上がるほど、換金率は高くなります。なぜなら、同じ換金率なら金額が高くなる分業者の手数料がバカ高くなってしまうからです。悪徳業者はそういうところもあるかもしれないので、注意したいところ。

サイトの表示に、金額ごとに換金する料率が書いてあるので、そこをしっかりと確認した後で現金化するようにしましょう。サイトによっても料率が違いますが、そこまでサイトによって全然違うということはないようです。どのサイトも料率が若干違ったり、サービスの内容も違ったりします。

例えば、料率が少なくても手元にくるスピードがどこよりも早かったり、お客さんを安心させるためのサポートが手厚かったり。もしくは、料率が高くても少し期間が遅かったりとやはり全てが同じくなるとどのサイトを使っても一緒になれば、選ばれなくなるサイトもあるので、そこは工夫しているところも多いです。

例えば、10万円換金したいとなったら、80パーセントであれば8万円が手元に返って来て、2万円が業者の元へ渡るといった形になります。普通にお金を借りるとなると、金利でいえばかなり高い金利となるかもしれません。ただ、すぐにお金が欲しい人からすれば、それでも借りたいサービスかもしれません。

また、法人向けサービスがあるところもあります。法人向けなので、現金化できる金額が大きくなり、換金率も高くなります。今に限らず、企業の資金繰りは企業存続のために必要になることがあります。資金繰りに困るという企業は少なくないので、そこは法人からすれば嬉しいところ。

ただ、金額が大きい分返せるシュミレーションがある上で借りることは前提といえるでしょう。それはもちろん個人でも当てはまることです。返すあてもないのに、例えばギャンブルで勝って返そうなど確実性がなく、さらにその現金がパーになってしまうようなことには間違ってもお金を使わないようにしましょう。

確かに、友達や家族からお金を借りる時、10万円貸すから12万円にして返してという人はいないと思います。ショッピング枠現金化サービスはそうした形ではありませんが、やる人からすれば12万円払う形になりますよね。ですが、クレジットカードなので、リボ払いや分割払いなどで分割で安心して払うことができます。

なので、トータルコスト的に考える人はこうしたサービスを使うことはちょっとと思う人もいるでしょう。ですが、そんなこと言ってられない、今すぐお金が必要!という人は、すぐに手に入る現金サービスを使おうという人もいると思います。どちらが良い悪いではありませんが、現金化をしたお金をしっかり返せるかどうかは意識しておきましょう。

借金グセがある人は、もしかしたらやらない方がいいかもしれません。というのも、借金グセがある人は借金が好きでしているので、すべての人がそこで借金をしないようなところでも、借金をしてしまいます。これは、貸す方も貸したくない相手ですよね。

現金化をしている業者は、手数料がもらえるので損はしませんが、クレジットカード会社は損をしてしまうかもしれません。なので、あくまで借りたら返すことを経験している人、借金をしたら何か違和感があって落ち着かなくてすぐに返したい人などは借りてもいいと思います。

ですが、借りても返さないくせがある人、いつまでも返済を引き延ばしてしまう人、借金があることになんの違和感もない人などは、すぐに借りることを一旦ストップしてみるのもいいかもしれません。現金化は、すぐに手元にお金が手に入る魔法のようなものですが、だからこそ自分のものと勘違いしがちです。

現金化は、普通にカードを使って買い物をするのと変わらず、それが単にお金という形で手元にすぐ入るというもの。その代わり業者への手数料も払わないといけないので、普通にカードで支払いをするよりお金がかかることは意識しておきましょう。もし、不安なことやわからないことがあれば、多くのサイトがフリーダイヤルで電話ができるので、気軽に相談できるのは嬉しいところです。

 

Author: ブルーノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です